記事一覧

22年目の告白

4ea66c595edab72b[1]

ごきげんよう。コイルです。

先日久々に劇場で映画をみました。

22年目の告白、です。
サイタマノラッパーシリーズの入江悠監督作品です。

以下、ヤフー映画より。
22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を引き起こす様子を描き出す。1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎役を藤原が、事件発生時から曾根崎を追い続ける刑事・牧村役を伊藤がそれぞれ演じる。

さてさて、藤原竜也が主演ということで、
だいたいはオーバーアクションのサイコパス系の話だと
お思いでしょうが、ある意味間違ってはいません。

どんでん返しが続くので、そういうのが苦手な人もダメでしょう。

ですが、私は好きですし、かなりの良作だと思います。
実際のニュース映像、ホームビデオ、劇中のTV画面等々、
いろんなフィルターを通して、あの暗い1995年から22年間の
日本社会の変化の様子を感じ取ることができます。

ストーリーも若干無理はありつつも、まあ、許せる範囲です。
役者陣は申し分ないですし、見て損はないですね。

ただ、岩松了が出てくると、どうしても笑ってしまいます。
「サイタマノラッパー2」のとぼけたお父さんの印象が強くて。。。

あとは、結構好きな、松本まりかクンを久々に見られて満足です。

22-kokuhaku-20170618[1]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CML

Author:CML
ようこそお越しくださいました。本ブログはコイル、M、エルモが共同執筆しています。30半ばですので、その辺の話題が中心です。どうぞご贔屓ください。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
299位
アクセスランキングを見る>>