記事一覧

ジー短パンのマツダ

0[1]

こんなジー短パンを着た男が、
子供時代の私の家の近くに住んでいました。

名はマツダさん、だったと思います。
たぶん彼は当時学生かフリーターで、20~22歳くらい
だったと思います。

そんな彼が、近所の掘っ立て小屋みたいなところに
暮らしていて、ジー短パンを愛用していました。

光GENJI的な。

約30年前というのは、おおらかな時代で、
子供も大人も無邪気に触れ合うことができました。

マツダさんも子供相手にフレンドリーで、
我々子供もなついていました。

そんなもんだから、ちょくちょく家に遊びに行ったりしました。

プレハブ小屋には若い男のオーラがぷんぷん漂ってまして、
子供としては、大層興味深かったんです。

マツダさんは、マルボロをくゆらせながら、何かを語ってました
(すいません、さすがに忘れました)。
今思えば、共産党員か創価学会員だったと思うのですが、
まあ、悪い人でもないので、しばし彼の自宅で過ごしていました。

でも、毎回ジー短パン着用で、キンタマがぽろっと見えるんですよね。
キンタマって、そんなにこぼれるんでしょうか?
不思議でなりませんが、あくまでこぼれてるだけなので、実害はないです。

ただ、こぼれるキンタマ。

害は及ぼさないが、存在感は出すキンタマ。

さすがに子供の立場ではどうにもできませんでしたが、
しばらくしたら、親からマツダさんとの面会を禁じられたこと、
マツダさんがしばらく留守だったことを考えると、
いろんな大人の事情があったと推測できます。

歳をとっていいことって、
こういう香ばしい思い出に、たまに浸れることですね。


C
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CML

Author:CML
ようこそお越しくださいました。本ブログはコイル、M、エルモが共同執筆しています。30半ばですので、その辺の話題が中心です。どうぞご贔屓ください。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1071位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
229位
アクセスランキングを見る>>