記事一覧

世界銀行

少し前に友達が世界銀行で働き始めたのですが、世界銀行って何??と疑問に思ったのと、夏ぐらいにTVで世界銀行で働いた意識高い女性を紹介していて気になっていたので、その方の書いた本を読んでみました。

世界銀行というのは、開発途上国支援を行う国際機関です。各国政府と開発政策について考え、技術支援と貸し出しを行います。
筆者はアフリカのモーリタニア担当。既婚ですが就職してすぐ単身現地へ飛び、資源もなく、貧困と人種差別奴隷文化の残る現地でどう開発するか奮闘します。
50歳にして米州開発銀行への出向が決まり、中南米担当になったため、スペイン語を自腹で1ヶ月留学しマスターするというパワフルな一面も書かれています。
その他政治的な世界銀行で、政治が嫌いな筆者がどんな摩擦があり傷つけられてきたかなど、読んでてしんどいエピソードが沢山。
組織では公式な手続はもとより、非公式に行動する柔軟性がなければ有用性が妨げられてしまう(要は根回しが必要)。
人を助けるということ、そのために日本に国際機関において発言力のあるポジションを‥というどんな崇高な理念があっても、汚い政治の壁はなかなか壊せない、身内(財務省)が敵になることもあり、目的を完全には達成できません。
でも、人生は特定の目的を実現させるためだけにあるのではなく、課題、苦労に工夫しながら解決に取り組む毎日だって人生そのものというメッセージが響きました。
ちなみに、筆者の姉はオノヨーコ、曽祖父は安田財閥の創始者だそうです。血筋もすごいですね。
L
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CML

Author:CML
ようこそお越しくださいました。本ブログはコイル、M、エルモが共同執筆しています。30半ばですので、その辺の話題が中心です。どうぞご贔屓ください。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
268位
アクセスランキングを見る>>