記事一覧

遅ればせながら

000-560x600[1]

ごきげんよう。コイルです。

1年遅れで「風立ちぬ」です。

ハヤオの集大成、というか、個人的な思い入れが強い作品ですね。
大正から昭和初期にかけての「あるべき日本人」的な像を提供することで、
いろいろと訴えたかったところがあるのでしょうか。

中高年以上向け宮崎アニメという印象を受けました。
これはこれで味わいがあっていいですが、それまでの20年の作品からすると、
肩透かしを食ったようなひとも多かったというのもうなずけます。

いい場面もたくさんあり、持っていかれそうになることもしばしば。
でも、以下の点が入り込みを妨害してきました。

①なんと言っても主役の声を担当する庵野秀明。
ちょっとね~、もっさり棒読み感がひどすぎて、気になって仕方ないです。
何か意図はあるのでしょうが、これがハマる人は少ないのでは?
②基本的に善人しか出てこない。
クリーンすぎて、やや浮世離れ。
③飛行機設計に関する苦労をあまり感じない
それは主題ではないのかもしれませんが、この点はほぼ気にされていません。
なんだか楽しそうに飛行機作って、失敗してもそんなにヘコみません。
ちょっと夢に出てくるくらいです。
④序盤から中盤の変な効果音
地震のシーンや夢の中で、なんとも言えない動物のうめき声みたいな
効果音がありますが、肌に合わない。

とまあ、いろいろ注文もあるのですが、嫌いではないです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CML

Author:CML
ようこそお越しくださいました。本ブログはコイル、M、エルモが共同執筆しています。30半ばですので、その辺の話題が中心です。どうぞご贔屓ください。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1792位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
350位
アクセスランキングを見る>>