FC2ブログ

記事一覧

葛城事件

hovfviofvdi.jpg

ごきげんよう。コイルです。

謎の首肩痛に悩まされ、動くのも億劫な週末だったので、
おとなしく家で映画をみました。

さて、今回は「葛城事件」です。

池田小事件をモチーフにしているなんて言われていますが、
連続殺人犯の家族に焦点をあてた作品です。
もちろん、家庭環境だけが原因じゃないんでしょうが、
多少は影響しているとは思えるつくりになってました。

父(三浦友和):金物屋2代目店主。主人公です。
「いるいる、こういうオヤジ」と思わせる三浦友和のナイス演技でした。
古臭い信念を持ち、声がでかく、他人の話は聞きません。
自分がすべて正しいと思い込んでいるややこしいオヤジです。
若干ネトウヨ的要素も入っています。

母(南果歩):そんなオヤジに抑圧されて、頭がおかしくなってます。
徹底的に料理を作らず、作中の食事はすべて出前やコンビニだったのが
印象的でした。家庭のヤバさをよく反映した演出です。
映画後半の回想シーンで若作りした感じがちょっと良かったです。

兄(新井浩文):父親に従属しきった気弱な男。気は優しいのですが。
会社を首になったことを言い出せず、悶々とする日々の果てに。。。
あれ?悶々としてるのは本人か!?

弟(若葉竜也):大量無差別殺人を起こす。オヤジのシゴキに耐え切れず、
ほぼ引きこもりのような状態にいます。
概ね唇が乾燥している感じがリアルでいいです。

死刑廃止運動家(田中麗奈):弟と獄中結婚します。
田中麗奈、相変わらずいいですね。

主要どころは上記5名です。
とにかく気分が悪くなる映画です(うまく作られている)。
自分勝手なオヤジの持論は嫌になりますし、
妊婦の脇でスパスパたばこをふかす感じとか。。。

あと、ほぼすべての観客からすると「なんだコイツら」としか思えないのですが、
「もしかしたら自分だって」と思わせる説得力があるのです。

そんなこんなで、かなりの良作だと思いますので、
ぜひご覧いただければと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CML

Author:CML
ようこそお越しくださいました。本ブログはコイル、M、エルモが共同執筆しています。30半ばですので、その辺の話題が中心です。どうぞご贔屓ください。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
172位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ